トイレ交換で湿度調整を可能に

トイレ交換で湿度調整を可能に

締め切っていることの多い空間は、どうしても湿気がちになります。


木造建築の一戸建ては、木材そのものに湿度調整機能が備わっていますが、湿度が高い日が続くと木材が湿気を吸収しきれなくなることもあります。

天然無垢材ならば、湿度調整機能は高いです。

ラワン合板や集成材は、木材に見えますが、接着剤などが混入されているので湿度調整機能は弱いです。

トイレの床が薄く感じられるのなら要注意です。歩いたときに、ごわごわするように感じるときは、床板はベニア板が施工されているからです。



トイレ交換で天然無垢材の床板に施工すれば、湿度調整機能が高くなります。

窓のあるトイレならば、天気の良い日に換気をすることでトイレの湿度を下げることは可能ですが、北や北西などの直射日光の入らない間取りの場合は、窓を開けたからといってトイレの中が乾燥するとは限りません。

抗菌性の備わっている壁紙で内装を施工してあると、壁材の撥水性で汚れにくくなりますが湿度調整は機能しません。

給湯器交換の特徴につてをいくつか紹介しています。

トイレ交換するときに、壁紙を吸湿性の素材に変更すると良いでしょう。

壁材そのものが天然無垢材であれば、むしろ壁紙を貼らない方が湿度調整機能が働きますので、カビが生えにくくなります。

トイレ交換リフォーム|明確なリフォーム費用で下見は無料

便器だけでなく、壁紙の素材と床板材に注目してトイレ交換を施工すれば、新築したときよりも快適な環境に改善できることも多いです。
トイレを歩いたときに、床が柔らかく感じるようなら、ベニア板を撤去してもらい、フローリング材に変更すると良いでしょう。

Copyright (C) 2016 トイレ交換で湿度調整を可能に All Rights Reserved.