残業代請求を弁護士に依頼する手順

労働者は、労働の対価として賃金を得ていますが、基本給が支払われないことはありませんが、残業代については未払いになることも少なくありません。

その理由として上げられるのが、残業は時間外に行われた労働に対して支払われるものですが、その労働時間の管理が難しいことです。

そこで、最近ではタイムカードや出退勤管理システムといった、正確に個々の労働時間が記録できる仕組みを取り入れている会社も少なくありません。

しかしながら、それでも不払い残業が後を絶たないのは、個々が独自の判断で残業を行い記録していなかったり、管理監督者が時間外労働時間を把握しないことに原因があります。

中には、仕事が遅いから残業になるのだとして、最初から時間管理を行わない管理監督者もいるほどです。このような場合、労働者は残業代請求を行うことができます。

ただし、残業代請求には時効があり、2年を越えると請求できませんから注意が必要です。

さて、残業代請求の方法は、直接、会社と交渉するか、労働審判や訴訟に訴える方法がありますが、いずれの方法を選ぶにしても、個人では限界がありますから、弁護士に依頼すると良いでしょう。

弁護士に依頼する場合は、残業代請求に実績のある事務所を選ぶことが大切ですが、最近では残業代請求などの労働問題を専門的に扱っている弁護士事務所が無料相談窓口を開設していますから、こういったものを利用すると良いでしょう。

いずれにしても、不払い残業は黙認すべきではありませんし、しっかりと申告することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です