残業代請求を弁護士に依頼するメリット

残業代請求は法律問題なので、弁護士に依頼することで適切な請求が行えます。

また、民放や労働基準法には細かい規定があり、個人で請求を行うよりも法律家に代理を頼んだ方が安心です。

尚、残業代請求には、使用者側との交渉が必要になるため、交渉に強いプロに依頼すると失敗しません。また司法書士も同じく法律のプロですが、簡易裁判所の訴訟代理権はありますが、地方裁判所での訴訟では代理人になれません。

そのため残業代請求の金額が140万円以上になる場合は、代理を頼むことができず、自分で出頭することになります。

一方、弁護士は140万円以上の請求や地方裁判所での訴訟など、全ての裁判で代理になれる権利を持ちます。

さらに労働基準監督署に行って相談するのは良い方法です。ただし労働基準監督署は、残業代の未払いについて企業側に指導することはできますが、回収を促す権限まではありません。従って、交渉が難航する場合は、やはり弁護士事務所に相談した方が解決しやすくなります。また労働審判になった場合は、一定の法的な立証を行う必要があります。

知識の少ない素人が自分だけで行うよりも、やはり労働審判については法律のプロフェッショナルに依頼すべきです。

費用に関しては弁護士事務所にもよりますが、着手金無料で、報酬は残業代回収後に発生するタイプが多いです。初回の相談料も無料になっている場合もあるので、問題を抱えている人はまずは相談してみると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です