残業代請求の相談は弁護士に

会社で働いている場合、会社によっては残業代を全額払ってくれないところがあります。

この未払い残業代がある場合は、会社に残業代の請求をすべきです。

当然請求をする場合は、タイムカードとかできちんと残業時間を計算して請求することです。

しかし残業代請求をしても会社は簡単に払ってくれなくて、雇用されているの立場で居る以上強く言えないです。

会社と交渉が難しい場合は労働基準局に訴えるといいです。労働基準局なら無料で相談を受けてくれますし、
労働基準法に照らし合わせて、タイムカードからきちんと残業代を計算してくれます。ただ労働基準局を通して残業代請求しても、付加金や遅延損害金の請求ができません。

また会社が残業代を払ってくれなくても、労働基準局は会社を処罰することができなくて、支払いを今日お湯することができません。それで確実に残業代請求をして残業代を受け取るなら弁護士に依頼をすればいいです。

弁護士なら法律の専門家だから、労働基準法に照らし合わせて残業代を請求の交渉を会社としてくれますし、会社が残業代を払ってくれない場合でも、裁判に持ち込んで会社に残業代を払わせることができます。

さらに未払い残業代だけでなく、労働基準法上の割増賃金と同額の付加金と遅延損害金も請求して、会社に払わせることができます。ただ弁護士に依頼をする場合は、報酬を払う必要があり、請求できる残業代も2年までだけなので、相談する場合はいくら残業代が残るか計算して依頼をする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です