残業代請求については弁護士に相談することが大切

最近、様々なメディアで取り上げられている長時間労働の問題ですが、これによって引き起こされる健康被害とともに問題視されているのが、サービス残業にかかる未払い残業代です。

長時間労働は、
会社側の圧力により、被害者が止むにやまれない状況に追い込まれて引き起こされることが大半であり、
その多くはサービス残業の問題を付近でいるのです。

そこで、最近では残業代請求に踏み切る人も少なくありませんが、どういった手順を踏んでいくのかわからない、すでにその会社を退社したので諦めているといった人も少なくありません。

残業代請求の手順については、一般的に会社側との直接交渉、労働審判、訴訟という手順を踏んでいくことになります。

また、残業代請求の時効は2年ですから、退職後も請求することは可能です。つまり、退職したからといって諦めることはありません。

さて、実際に残業代請求を行なっていくとしても、その詳細な手続きについての知識は必要ですし、ましてや労働審判や訴訟ともなると専門的なスキルが必要です。そこで、依頼したいのが弁護士です。

弁護士は法律のプロですから、こういった労働問題の解決については豊富な知識とスキルを要していますから、労働審判や訴訟は当然として、会社側との交渉も依頼することができます。最近では、弁護士事務所が、労働問題に関する無料相談を積極的に行なっていすので、こういったものを利用すれば、残業代請求が可能か否かも判断してくれますのでとても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です