管理監督者の場合は残業代が発生しない

管理監督者の場合は労働時間の枠がないので時間外労働という概念がないので、残業代が発生しません。

しかし管理職と呼ばれる人達全てに同じ事が言える訳ではないので、
本来残業代が発生する労働者が管理職だからという理由で時間外労働によって発生する残業代を受け取っていないケースも少なくありません。

管理監督者と認められるのは部下に実務を任せる事ができて実務を自分でこなす必要がない場合です。

しかし管理職と言われていても部下に実務を任せる決定権がなかったりする事で自ら実務を行う場合は管理監督者として認められないので、雇用主は時間が労働をさせれば残業代を支払わなければいけません。

管理監督者として認められる権限を与えられていないにも関わらず管理監督者だと言われて残業代の支払いがされていない場合は請求する権利があります。

管理だとして時間外労働の手当てを受け取っていない場合は自分が時間外労働に対する手当が発生しない管理職にあたるのかよく確認するべきです。

また時間外労働に対する手当が発生しないというだけであって深夜手当については管理者であっても支給されるので、管理者も深夜帯に勤務をすれば手当を受け取る権利があります。

また管理者として時間外労働に対する手当が発生しない立場になるには労働管理や指揮権を与えられるという事だけでなく、時間外労働に対する手当が発生する一般の社員よりも高い待遇を受けている事も必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です