残業代請求を会社に求める手順について

残業代請求にあたっては、日々の労働時間をしっかりと管理し、その都度管理簿等に記録を残しておくことが大切です。

社員一人ひとりの労働時間については、現場の管理監督者が担うこととなっていますが、全てを委ねてしまうことは、相互牽制になりませんしリスクが多いので注意が必要です。あくまでも、時間外労働をした社員についても、自分がどれだけの残業をしたのかを把握しておくべきです。

自らが、時間外労働時間を管理していく中で、正当な残業代が支払われていなかった場合には、速やかに会社に申し出ることが大切です。疑義を持ちながら仕事をしてもモチベーションは上がりませんし、不払いが日常のことであるならば、企業にとっても大きな問題です。

ただし、この時に気をつけたいのが、会社に直接申し出ることが嫌だからといって、労働基準監督署に連絡する人が稀にいますが、あまり良い方法とは言えません。まずは、社内で解決しようとする姿勢が大切です。

ただし、適正な方法で会社に残業代請求を申し出たにも関わらず、取り合ってもらえない、無視されたなどの事象があれば、弁護士等の第三者に相談することになります。弁護士の場合、無料相談窓口を解説している事務所もありますから、こういったものを利用すると良いでしょう。

正式に依頼を受けた時点で、弁護士は会社に対して交渉の場を求め対応していきますが、十分な回答が得られない場合に、初めて労働審判または裁判といった方法をもって、対応していくことになるのが、残業代請求の一般的な手順です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です