残業代請求は弁護士に相談することで解決できます

日本の市場はある意味飽和状態ですから、これ以上に利益を望むことは大半の業種で難しくなっています。

そこで、企業は収益を伸ばすために費用対効果を追求するしか方法がなくなってきています。その中で、人件費の節減は大きなテーマとなっていますが、企業の多くが上意下達の体質から抜けきれていませんから、必然的にサービス残業が増えてしまう構造になっています。
そのため、最近では長時間労働を原因とするメンタル疾患や早期退職といった不適正事案が後を絶ちません。そこで、最近では、長時間労働や未払い残業といった課題に精通した弁護士が無料相談窓口を開設し、労働者の相談に乗っています。そういった中で、労働者が弁護士に残業代請求を正式に依頼すると、会社に対して弁護士が直接交渉を行うことになります。その結果、会社側が自らの非を認めない場合には労働審判や訴訟に手続きを移行することになります。
残業代請求に躊躇している人の多くは、会社には勝てない、会社での立場が悪くなると考えがちですが、最近では、裁判所も労働者の言い分をよく反映していますし、様々な案件を解決してきた弁護士が対応していますから、労働者に不利になることはほとんどありません。また、会社における立場についても保障されていますから心配はありません。残業代請求は労働者に求められた正当な権利ですから、臆することなく会社と対峙することが大切ですし、そのことが会社からサービス残業を撲滅させる手立てでもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です