残業代請求を確実に行う方法

近年では人件費を削減するために企業が様々な勤務体系を導入し始めています。

成果に応じて賃金を支給する歩合給制やあらかじめ残業時間を固定し賃金を一定にする固定残業制など様々なものがあり、これらの勤務体系を導入することで残業代を支給せずに従業員に対してただ働きをさせようとする企業も少なくありません。
しかし、正当な理由がなくこれらの勤務体系を導入し残業代を支払わないことが明確な法律違反であるため、残業代をしっかりと請求することが必要になります。一般的に歩合給制や固定残業制を導入している企業は、勤務実績も改ざんしていることが少なくありません。これは企業側も残業の事実が発覚した場合に、これに対する残業代を支払わなければならないことが法律で定められている事は認知しており、これに対する対策として労務管理の記録となる勤務実績を実際の支払う賃金に合わせて改ざんしていると言うケースも多いのです。
しかし、これは非常に悪質な行為であり、これが発覚した場合には残業代請求はもとより、法律違反に対するペナルティも受けなければならない可能性があります。このような勤務体系において残業代請求をしっかりと行うためには、労働に関する法律に詳しい弁護士や有識者に相談した上で自らの勤務実績をしっかりとチェックしておくことが重要です。残業代請求においては勤務実績が改ざんされていても、法律の専門家が認める勤務実績が明確であれば残業として認められることが多いため、残業代請求を行える可能性があります。そのため、残業に関する問題については専門家に相談することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です