未払い残業代請求をするには

時間外の労働をしたのに、それに見合った時間外手当が支給されないケースが多々あります。

使用者は労働者に対して時間外に働いた分の給与を支払う義務があります。しかし、不当な理由を付けて支払いされない場合もあります。こうした使用者に対しは残業代請求を行う事ができ、労働者の権利でもあります。
一言で残業代請求と言っても簡単では無い事もあり、その行為をした為に会社側との関係が悪くなる事があります。円満に話し合いで解決すれば何の問題もありませんが、話がこじれてしまえば今後も働く事か困難になる場合もあります。よって、最悪の場合は退社する事も頭の片隅に入れておく覚悟も必要となります。実際に残業代請求を行う際には、証拠集めが非常に重要となります。
時間外に働いていた事を証明する資料があればある程、交渉の際に有利になります。必要なのは、タイムカードのコピーや作業日報、パソコンのメール送受信記録など様々です。タイムカードのコピーは中々出来ないかもしれませんが、現在の世の中にはスマートフォンで写真を撮る事ができます。コピーをしている場所を見られると怪しまれますが、写真を撮る分には時間はかかりません。
証拠を集めて実際に使用者と交渉する事になりますが、今後も会社で働きたいのであれば事を荒立てない様にして下さい。その場合は、労働基準監督署へ相談する事もできます。匿名にて、残業代未払いがある事を会社に対して指導や是正勧告してもらえば、会社側も無視はできない為に何らかの処置をしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です