残業代請求をするときに有効な証拠

残業代請求をする際には、当然時間外労働をしていたという証拠を明確に証明する必要がありますが、この証拠には有効となるものとそうではないものがありますので、ここでは残業代請求の証拠として有効なものをご紹介していきます。

まず会社が労働者の労働時間などを管理・把握する為に使用しているタイムカードや勤怠記録、日報は労働時間を算定する際にも有効な手段として活用することができます。ただし、会社によっては労働者の労働時間を正確に管理や把握をしていないケースもありますので、その場合には他の手段を考えましょう。

次に業務用として活用していたメールアカウントの送受信履歴も有効な証拠として活用できるのですが、Eメールというのは送受信をする度にその時間が記録されますので、例えばメールの送受信時刻は当該時刻までは会社内で業務をしていた証拠として有用です。

次に終電が無くなりやむを得ずタクシーで帰宅をした場合には、会計時に領収書をもらうようにすれば、それは残業代請求として有効な証拠として活用することができます。というのも多くのタクシー会社では領収書に乗車時間帯が記載されていますので、残業をしてタクシーで帰宅した場合には必ず領収書をもらうようにしてください。

この他にも労働者が日々の業務日記をつけている場合にも証拠になる場合があります。特に業務内容や始業時間・終業時間を記載していれば、それも有効な手段として活用することができますので、残業代請求をする際には活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です