残業代請求は法的に認められた権利

労働者は会社に残業代請求する事ができます。

法的権利として認められているからです。残業代が支払われないケースはかなり多く、業界にもよりますがこれは社会問題になっています。未払いの残業分を請求する為には証拠集めが鍵を握ります。理想なのは会社と直接交渉ができれば一番良いです。

その方が手間も掛からずに早く済みます。ですが、現実問題、残業の未払いをする様な会社の場合期待はできないと思った方が良いでしょう。残業代の請求は一つの戦いだと思っておくと良いです。戦いに必要な物は武器と防具です。

この二つの役割を担ってくれるのが弁護士です。残業代を請求できる時効は二年です。これを過ぎるとドンドン損する事になります。自身でできる事はタイムカードや上司から指示された証拠になるメール等を残して置くと良いです。証拠になりそうな物は保管しておく事です。

弁護士に頼む場合気になるのは料金ですが残業代請求が成功すれば元以上になるので問題ないです。他の手を打つとしたら一般労働組合などに加入する事です。これも有効です。ですが、簡単なのはやはり弁護士に頼む事です。相談しながら必要な行動に出ると良いです。

時効は二年ですので一年と半年を過ぎた辺りで検討すると良いでしょう。確実に元が取れます。残業代請求は打てる手は幾らか有ります。労基署に駆け込んだり労働組合に行くと言うのも手です。

切れるカードは有りますので諦めずに堂々と立ち向かうと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です