未払いがあれば勇気をだして残業代請求

毎月休む暇もなく働いていて残業をそれなりにこなしていたり、休日出社をしているのに給料が変わらないという場合には、残業代が正規に支払われていないことがあるので必ず請求を行うようにしましょう。

残業代請求は遅くなればなるほど請求が難しくなり、証拠を立証するのも困難になります。手遅れになる段階になる前に請求をすることが一番になりますから、これまで支払われていた対価が正当ではないと感じた時点で遠慮無く企業側に交渉を行っていきましょう。

勇気をだして請求をした場合には企業側は意表をつかれて対価を支払わなければならなくなるので、証拠を出して計算をしてもらえば企業側にも納得してもらい、未払いだった残業代が手元に戻ってきます。休日出社の場合には会社で規定した割増賃金を、残業の場合には働いた分を考慮して計算しなければいけないので、当然のごとく残業が無い月よりも給料が上がるのは当たり前の事です。

毎日残業を長時間しているのに全然給料があがっていないというのは目に見えて残業代が支払われていない証拠でもありますから、企業の給与計算をしている人物に話を聞くようにしましょう。もし意図的に給与をごまかしているのであれば、それは会社側に刑事責任を問う事が出来ますが、単なるミスだった場合には残業代請求をするだけで問題はありません。

残業代は支払うのが普通のことであり、これができていない企業はコンプライアンス違反ですから残業代請求をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です