管理監督者には残業代はない

管理監督者には残業代はありません。

しかし、企業の多くはこの決まり事を隠れ蓑のようにして、本当であれば残業代を支払わなければならないような人にまで支払っていなかったりします。いわゆる名ばかり管理職の問題です。いかにも管理職らしい肩書き、例えば課長、マネージャー、店長などといった肩書きを与えればその人は管理監督者であって残業代は発生しないかというとそんなことはありません。

管理監督者とは肩書きで判断されるものではないのです。それよりも実態で判断します。経営者と一体となって、重要な会社の方針決定などにある程度関与できるかどうか、他の社員の労務管理や人員配置、評価を一定程度以上任されているかどうかなどがポイントになります。

経営方針には一切関与できないとか、人員配置は常に上司の了解が必要だとか、店長ではあってもアルバイト採用の権限もないといった場合には該当しないと考えられます。さらには、自分自身がいつ、何時間働くか、働かねばならないかは自分自身で決めることができる必要があります。

接客対応のため、あるいは顧客対応のため、毎日9時から5時までは必ず働かねばならないような仕事についている人は、そもそもその職位は管理監督者とは言えません。また、その地位にふさわしい高い待遇を受けていることも必要です。

よくある話ですが、係長から課長に昇進したら、管理職手当てはついたが残業代がなくなった分だけ給料総額としては減ったというのでは高い待遇とは言えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です