管理監督者と残業代について

管理監督者は時間外労働をしても残業代は支払われませんが、これと管理職の時間外労働とを混同している人が経営者にも当の社員にも多いようです。

最近では名ばかり管理職の問題がブラック企業の一つとしてニュースなどでも取り上げられることが多くなったのである程度は知られるようになってきましたが、まだまだ氷山の一角でしょう。経営者側の判断として、管理職には残業代を支払わなくてよいから、企業の人件費の削減計画の一環として、可能な限り多くの社員をとにかく管理職にしてしまおうという動きがあったりします。

ひどい場合には、これに企業の顧問弁護士のような人も一枚かんでおり、弁護士でありながら懸念を示すどころか推進している場合さえあったりします。いくらその企業内で管理職という地位に就けられたとしても、管理職と管理監督者とは同一ではありません。

というか、あるべき姿を言えば同一であるべきなのですが、実態として同一にできない、あるいは同一にしたくないがためにわざと似たような言葉を使っていかにも同一であるかのように装っているとさえ思えるのです。管理監督者とは、文字通り管理や監督の仕事をしている人です。もちろんそれだけではないでしょうが、それが仕事の中心である人ということです。

何を管理し、何を監督するのかといえば、結局のところは人です。他の社員、自分より低い地位にある社員を管理し、そのような社員を監督している人ということで、そういう人に対しては確かに残業代は支払われないルールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です