管理監督者に残業代が出ない理由

会社が管理監督者になった従業員に対して残業代を支払いを行わないことがありますが、これは法律上で認められている扱いであるため問題視されるものではありません。

労働基準法によって労働時間・休憩・休日の規定が適用されないことになっているため、残業だけでなく、休日に出勤した場合でも会社は手当を支給する義務はありません。管理監督者が残業代を受け取れないなどの扱いになっているのはこの役職の権限や待遇に影響するものです。

会社の経営に関与できる重要な権利を与えられており、出退勤の裁量もあり、給料も一般的な他の社員と比べて高いものになっている場合にこれに該当するとされています。そのため、管理監督者になっていれば自分で働き方の融通を利かせることができ、残業代がなくてもそれに見合うだけの給料が払われているため、労働基準法で従業員を保護する必要がありません。

逆に言えば前述の条件を満たしていない場合にはこの役職とは認められないことになります。実態を必要とする役職なので課長などの肩書だけ付けて会社側が管理監督者であると主張しても受け入れられないため、残業代や休日の手当の支給対象になります。

また、労働時間・休憩・休日の規定は適用されませんが、深夜労働に関しては除外されていないので支払う必要があります。払われていなければ未払いになるため請求できるので、何時間の深夜労働をしているのか記録を残して提出できるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です